×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

ドラえもんは完全じゃありません。
ネズミが苦手で、中古品で、短足で、どら焼き欲しさに暴れて、道具をしょっちゅう間違えて…
でもドラえもんは子供たちにとってスーパーヒーローです。

ドラえもんが愛される理由のひとつに“ドラえもんは決して子供たちを見下さない”ということがあります。
ドラえもんの身長は129.3cm。(実際は100cmぐらいでしょうがそんなことは問題じゃありません)
これは当時の小学4年生の平均身長から引用したことはあまりにも有名ですが、
イベントの着ぐるみのぬいぐるみショーでドラえもんが使われなかった理由もそうでした。
「着ぐるみに大人が入ると、ただでさえ大きいのに一回り大きくなってどうしても子供を見下ろすかたちになっちゃう。
それじゃダメなんですよ、ドラえもんは子供たちにとってすごく近い理解者なんです。」
非凡なる凡人 藤子・F・不二雄先生もそう公言しているように、ドラえもんはいつも子供たちと同じ目線でいてくれます。
だからドラえもんの着ぐるみは現在使われている小さなフォルムになるまでは使われませんでした。

ドラえもんは悪いことをすれば叱ってくれます。
ときには一緒に悪いことをして一緒に叱られてくれます。
泣きたいときは一緒に泣いてくれるし、楽しいときは一緒に笑ってくれます。
そして困ったときには、夢の道具をポケットに引っ下げて必ず駆けつけてくれます。
でもそこには「宿題をなくす道具」や「学校に行かなくていい道具」だったり「お金を出す道具」は入っていません。
代わりにそこには「宿題を片付ける道具」や「遅刻しないようになる道具」だとか「ラジコンを作る道具」が所狭しと入っています。
ドラえもんが出してくれるのはいつだって子供たちの夢を叶える道具。

ドラえもんは完全じゃありません。
ネズミが苦手で、中古品で、短足で、どら焼き欲しさに暴れて、道具をしょっちゅう間違えて…
だからドラえもんは子供たちにとってスーパーヒーローなんです。

・・・・・・
なんて久々にまともな文を書いちゃいましたが、今回は増加の一途を辿る少年犯罪に終止符を打つべくw
ドラえもんに叱ってもらおうということで“ドラえもん叱咤激励名台詞”をご用意しました。
さぁドラえもんに叱られたい人寄っといで〜。

なんだか前回描いたときより幼くなってますねw

<戻る>